細々、山に生きる

<   2012年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧




平地林の間伐

今週から伊那谷西方、経ヶ岳山麓の平地林の間伐に入っています。

平地林は、林内を遠くまで見渡せるため広々とした感じがします。大昔は、こんな森が天竜川近くまで広がっていたのでしょうか。

現場近くの造成されたまま空き地となっている広大な工場団地をみると、こういうところを森に戻したいなと思います。企業誘致は難しいようです。逆に誘致した企業が撤退してしまったなどというニュースも聞きます。

それはそれとして、今回の現場でもいい整備をしたいと思います。
a0254759_0461467.jpg
a0254759_0464987.jpg

[PR]



by k1ro_kanai | 2012-03-30 22:37 | Comments(4)

木に満ち満ちた家

上伊那地域のある工務店が建てた家を訪ねさせてもらいました。

木をふんだんに使うことで知られるこの工務店の家。
a0254759_0463313.jpg

a0254759_0473847.jpg

いやー。家全体の雰囲気が温かい。気持ちも和みます。今に入れたペチカもなかなか味がありました。そしてそこに住まう家族の雰囲気がまた温かい。

家っていいな。家族っていいな。と思えるいい時間を過ごさせて頂きました。ありがとうございました。
[PR]



by k1ro_kanai | 2012-03-25 12:39 | Comments(0)

クルミの製材

伊那谷で育ったクルミの大木。
家具職人さんと製材作業です。
a0254759_1403790.jpg

a0254759_141963.jpg

[PR]



by k1ro_kanai | 2012-03-24 16:37 | Comments(0)

時代は搬出間伐

「間伐はいいことだ」という謳い文句はよく耳にするのではないでしょうか。

県や国は、手入れの遅れた人工林を整備するため、間伐を推奨し、そこに補助金を出してくれます。

これまで間伐された木は林内に放置されるケースも多くありました。しかし、近年、間伐材を放置せず有効に使おうという風潮が高まっています。
風潮が高まるというか、これは当然のことでしょう。

我々伊那谷のきこりも間伐材の搬出頑張っています。
a0254759_23303221.jpg

今日は重機を扱う初心者2人でしたが四苦八苦しながら4m3の丸太を搬出しました。
[PR]



by k1ro_kanai | 2012-03-22 23:16 | Comments(2)

小川も春

冬の間水の無かった間伐現場近くの沢に、水が流れ始めています。
a0254759_18205115.jpg

雪解け水でしょう。沢に水の流れる音も、春を感じさせてくれます。
[PR]



by k1ro_kanai | 2012-03-21 18:23 | Comments(0)

背の高い木々

現在間伐中のアカマツ林。
a0254759_22174867.jpg

切ったアカマツの長さを測ると28mもありました。結構背の高い森です。木に比べれば人間など本当に小さいものです。
[PR]



by k1ro_kanai | 2012-03-19 22:18 | Comments(3)

130年の枝

a0254759_0192128.jpg

間伐中の山にあった巨大ヒノキの枝をコースターにしたものです。

年輪がぎっしり。数えると130年以上あります。きれいですね。
[PR]



by k1ro_kanai | 2012-03-15 22:14 | Comments(0)

津波

a0254759_2223822.jpg

a0254759_22233974.jpg

a0254759_22531622.jpg

何もありません。
ゼロになってしまいました。

ここは茨城県つくば市。5年前まで見渡す限りの農村風景が広がるのどかな場所でした。
a0254759_2226871.jpg

↑写真の左に写っているような、里山の風景が大規模開発の波に飲まれています。
a0254759_22285665.jpg

↑写真中央の集落は完全包囲状態です。
a0254759_22333867.jpg

地元で生まれ育った方がこの光景についてこう語って下さいました。
「土地の記憶が消し去られてしまった。」

私には人工の津波に見えました。ここにまた、住宅地や、ショッピングセンターができるようです。これが最先端の都市計画なのだそうです。
【写真】つくば市の今昔(クリックすると大きく見られます。)
a0254759_2246275.jpg

[PR]



by k1ro_kanai | 2012-03-13 22:21 | Comments(0)

キャンプ場の森整備

茨城県にあるキャンプ場。「フォンテーヌの森キャンプ場」さんから、場内の森林整備を頼まれました。4泊5日の日程で茨城へ軽トラで行ってきました。

ここは茨城県南部。平坦な地形に農地が広がっていますが、その中に、平地林が点在しています。そうした平地林にこのキャンプ場はあります。
個人の地主さんが20年前に自ら始めた独特な雰囲気のあるキャンプ場です。
a0254759_0132358.jpg

冬場のOFFシーズンを利用して、目下大改修中です。

近所の職人さん総出でアットホームな改修工事が進められています。

a0254759_0113475.jpg

a0254759_012333.jpg

私も、テントを張る場所の立木を30本程伐採。
a0254759_015992.jpg

高所作業も披露しました。
a0254759_0213056.jpg

大震災の影響で利用客の減少が心配ですが、明るくなったキャンプ場に多くのお客さんが足を延ばしてほしいものです。
[PR]



by k1ro_kanai | 2012-03-10 22:58 | Comments(0)

大活躍のコースター

先日作成した間伐材コースター。1つ1つに、木の名前を焼き入れました。

お世話になった、茨城県の居酒屋へ届けました。早速、お客さんに出してみると。。

「ん?、うわっ。えっ? へっ?」
「こ、これ、アカマツだって!」
「これは、ホオかぁ。」「(携帯で調べながら)漢字だと朴って書くんだ」
「うわっ、ヒノキいい香り!」
「クリかぁ、いいか、これは高級な木なんだぞー。」

と、盛り上がってます。

うれしい!!

自分が山から切った木を、使えるものにして、使っている人の喜ぶ顔まで見れるって、本当に嬉しいことです。

ちょっとした作品ですが、こうして木や森に思いを馳せてもらえるきっかけになるんですねー。
a0254759_151673.jpg

a0254759_156980.jpg

[PR]



by k1ro_kanai | 2012-03-10 01:56 | Comments(0)

信州伊那谷ー山から社会を考えよう
by k1ro_kanai
プロフィールを見る
画像一覧

外部リンク

フォロー中のブログ

最新のコメント

最新の記事

鳩吹山、再挑戦
at 2017-08-28 22:40
お墓を守れ!
at 2016-04-28 22:14
大きなアカマツを伐採
at 2016-04-19 23:28
ヒノキの台座
at 2016-04-18 22:36
アカマツの注文材
at 2016-04-18 22:22

検索

カテゴリ

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://venus..
from http://venusso..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧