細々、山に生きる

<   2015年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧




ワイヤーの編み込み

「ワイヤーの編み込み」なんて地味なことですし、一般的に興味を持つ方は少ないと思います。しかし、林業技術者にとっては基本であり、重要な作業。ワイヤーにも色々種類があり、編み方も様々あります。

写真のようにワイヤーの先端に「アイ」と呼ばれる輪っかを作ることで汎用性が高まります。
a0254759_21344286.jpg

a0254759_21350100.jpg

a0254759_21352377.jpg

[PR]



by k1ro_kanai | 2015-01-30 21:29 | Comments(0)

クレーン伐採に挑戦

初のクレーン伐採です。本当はクレーンなしで伐採しようと思っていましたが、時間、労力がかかりすぎてしまうため、クレーンをお願いしました。
a0254759_2119796.jpg

なかなかスムーズに行きませんでしたが、無事終えることができました。オペレーターの方から、たくさんアドバイスをいただきいい勉強にもなりました。またまた勉強することが増えそうです。
a0254759_21194331.jpg

[PR]



by k1ro_kanai | 2015-01-27 21:15 | Comments(0)

運材屋さん

運材屋さんが山から切り出した木を運びに来てくれました。
運材業には葛藤があります。「1度にたくさんの丸太を運ぶ大きなトラックを使いたい」という思いと、「様々な現場から丸太を運び出すには細い山道でも入り込まなくてはいけない」
その両方に折り合いをつけたトラックでの仕事です。

今回お願いした現場も、「ん~、ギリギリだな。。」と首をかしげながら入ってきてくれました。本当にありがとうございます。
a0254759_21132649.jpg

このトラックは1台で8m3の丸太を積めます。
a0254759_2114728.jpg

[PR]



by k1ro_kanai | 2015-01-26 21:01 | Comments(0)

折れるアカマツ、倒れるカラマツ

現場は50cm程の雪です。雪の重みで樹木に被害が出ています。こちらはアカマツ。
a0254759_20555497.jpg

写真でご覧の通り何本ものアカマツが折れています。アカマツは「輪生」に枝をつけます。これは同じ場所から枝を発生させるということです。
写真でもわかります、幹の同じ高さの場所から枝が出ています。
そのため枝が出ている箇所の強度が弱くなり、折れやすいのです。こうした特性などから、アカマツは柱には使われません。
a0254759_20572546.jpg

一方でこちらはカラマツ。根こそぎ倒れています。カラマツは輪生ではありません。幹はしっかりしており、製材した板は足場板や桟橋などにも使われてきました。その代わり根が浅いことが弱みです。折れたカラマツを目にすることはあまりありませんが、倒れたカラマツはよく目にします。カラマツは樹高が時に30mを越えます。こうした木が倒れれば被害域は広くなります。

山の中ならまだしも、人家の近い場所では倒木、折れ木への注意が必要です。
[PR]



by k1ro_kanai | 2015-01-25 20:42 | Comments(0)

谷を越えての搬出作業

今回の伐採現場は林道から谷をはさんで反対側。切った丸太を搬出する方法が難しいところです。

林道から谷の反対側の伐採現場まで直線で最短120mほど。  この最短距離に架線を張って搬出することにしました。スイングヤーダという林業機械を使用します。
a0254759_2228829.jpg

容量はスキー場のリフトに近いです。架線はスイングヤーダから伐採現まで伸び、そこで固定された滑車で折り返しまたスイングヤーダに戻ります。その途中に搬器をつけ丸太を搬出する方法です。
a0254759_2228244.jpg

搬出する丸太は330本。結構な量です。
うまくいくか少し不安もありましたが、順調に対岸まで丸太が移動していきます。なるべく人の力で仕事をしたいところですが、今回ばかりは機械に大感謝です。安全作業で無事終わりますように。
a0254759_22293624.jpg

a0254759_22304275.jpg

[PR]



by k1ro_kanai | 2015-01-18 21:43 | Comments(0)

北アに向かって

荘厳。鹿島槍ヶ岳。
a0254759_22393923.jpg

さあ山仕事に向かいます。
[PR]



by k1ro_kanai | 2015-01-12 22:36 | Comments(0)

日の出前。

日の出前の伊那谷

厳冬の朝、まだ3km以上の道のりを学校へ歩く小学生、たくましい。
a0254759_22454949.jpg

[PR]



by k1ro_kanai | 2015-01-09 22:42 | Comments(0)

2015新春

あけましておめでとうございます。
昨年も多くの方に支えられてよい1年過ごすことができました。たくさんの経験ができました。

しかしその1つ1つに新鮮さを感じられなくなってきているような自分に気づきました。数年前初めて山仕事の現場に入った時のあの感動、感動する心が鈍くなってきているような。。山仕事、もちろん続けますが、あまり仕事にのめり込まない感覚でいようと思い始めました。

個人で仕事をしていくことに対し難しい部分を感じる昨年でもありました。「大きい形」や「肩書き」がある方が有利な点があるとも感じました。しかし、やはり「個人」、「小さい形」でしかできないこともある。そこ、もう少し頑張ってみたいと思います。

山仕事の経験も少しずつ蓄積されてきました。自分の志を満足させるだけでなく、人のため社会のために、はばたく年にしたいです。

本年もどうぞよろしくお願いします。
a0254759_232445.jpg

[PR]



by k1ro_kanai | 2015-01-05 23:04 | Comments(0)

信州伊那谷ー山から社会を考えよう
by k1ro_kanai
プロフィールを見る
画像一覧

外部リンク

フォロー中のブログ

最新のコメント

最新の記事

鳩吹山、再挑戦
at 2017-08-28 22:40
お墓を守れ!
at 2016-04-28 22:14
大きなアカマツを伐採
at 2016-04-19 23:28
ヒノキの台座
at 2016-04-18 22:36
アカマツの注文材
at 2016-04-18 22:22

検索

カテゴリ

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://venus..
from http://venusso..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧