細々、山に生きる

<   2015年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧




木から板へ

山で伐採したアカマツを1本製材所へ持ち込み製材をお願いしました。
a0254759_22243473.jpg

a0254759_22253512.jpg

丸太はこのようにレールの上に乗った台車にセットされ、台車ごと進みながら回転する帯鋸で板に切られます。 ものの20秒で1枚完成です。

丸太が板になるとまた一段と味わいがでます。
a0254759_2226944.jpg

a0254759_22262851.jpg

[PR]



by k1ro_kanai | 2015-04-23 22:20 | Comments(0)

伊那谷でも馬搬

先日記事にした岩手での馬搬研修。その後、伊那でも馬搬をやりたいねと一緒に研修へいったメンバーと話していました。

今回、搬出現場で馬搬をやってみることにしました。山主さんからの応援、ご理解も後押しになりました。

私は機械で、馬を連れてきてくれたYさんは馬で搬出です。まずは手始めということで小さい丸太を馬につけて引かせました。
a0254759_2317181.jpg

上り坂でしたがスイスイ運びます。機械がモタモタ丸太を積み、ノロノロと1回運搬している間に馬は3往復しました。
1度に運んだ量は機械の方が断然多いですが、馬も働くなーと感じました。

そして、排気ガスも出ないし騒音も出ない。山にとってはお馬さんの方が好きなのかもしれないですね。
a0254759_23172781.jpg

a0254759_23181711.jpg

[PR]



by k1ro_kanai | 2015-04-22 23:07 | Comments(1)

庭木の剪定

今回は庭木の剪定を依頼して頂きました。コウヤマキとイチイです。

はしごをこまめに置き換えながら刈り込みました。きれいにできると嬉しいものです。
剪定前
a0254759_230434.jpg

剪定後
a0254759_231313.jpg

[PR]



by k1ro_kanai | 2015-04-18 22:55 | Comments(0)

正確な伐採

住宅地でのカラマツの伐採。

住宅や道路、電線などがあり倒す方向が限られており、今回はこの隙間しかありません。
a0254759_22514262.jpg

伐採時に木に作る受け口、追い口という切り込みを正確に作る必要があります。

倒れていく最中の枝の動きなども考慮に入れながらの伐採です。失敗は許されないのでかなり緊張します。

うまく倒れました。よかった。
a0254759_22524933.jpg

[PR]



by k1ro_kanai | 2015-04-17 22:46 | Comments(0)

敷地内の木でペンションを改装

プライベートでお世話になった茅野の蓼科高原にあるペンションベルクコットさん。

敷地内のアカマツが大きくなりすぎ、伐採の依頼をいただきました。 さらに「今回、切った木を使ってペンションの内装の改装材料に使えないか」という相談もうけました。それは是非やりましょう。ということで伐採から製材、そして寸法に加工するところまでこちらで段取りをすることにしました。

まずは伐採。4月の遅い雪に苦戦しながら木を樹上から切り落とします。細くて揺れる揺れる。
a0254759_23183517.jpg

a0254759_2319045.jpg

そして、ペンションのオーナーさんと一緒に丸太を搬出。気合で道際に積みました。
a0254759_23192290.jpg

a0254759_23195290.jpg

a0254759_2320327.jpg

製材できない部分は薪にして利用。さらに新しい大ブランコと、ベンチも制作させて頂きました。
a0254759_23205575.jpg

さてさてこの木が製材されてどんな改装が始まるのか楽しみです。
[PR]



by k1ro_kanai | 2015-04-16 23:11 | Comments(0)

トビも修理

山仕事の重要道具「トビ」

1mほどの木の柄の先にトビのくちばしのような金属が取り付けられた道具です。丸太を引き寄せたり、転がしたりすることができ、テコの原理を使ってかなり大きな力をかけられる、古くから伝わる優秀な道具です。

そんなトビですが、これまで何度となく柄を折って来ました。新しい柄を買って付け替えると6000円ほどしてしまいます。今回は自分で作って付け替えてみました。

柄には「樫の木」を使います。伊那地方ではほとんど自生していないため庭木などで伐採した際に取り置いたものです。
a0254759_2375673.jpg

なかなか味のあるトビができました。これでまたしばらく頑張れます。
[PR]



by k1ro_kanai | 2015-04-15 23:02 | Comments(0)

大事な長靴

冬の山仕事は、雪と寒さに耐えるため長靴を使います。スパイク付きでつま先には鉄芯が入っています。

こうした長靴は値段もそこそこします。これまで私はスパイク長靴では一番安いとされる4000円の長靴(鉄芯なし)を使っていましたが、毎年1冬で破れて買い換えていました。

これじゃ、安物買いのなんとかだ、、と思い、今年はそれより少し高い7000円の長靴(スパイク+鉄芯)を買い冬山と戦ってきました。なかなか丈夫だなと思っていたのですが、冬シーズンの終わり間近にして破れてしまいました。
「アウチ」
a0254759_030511.jpg

1万円以上する長靴にすべきだったかな、、そんなことも思いますが。これで買い換えるのも悔しいので修理することにしました。 ちゃんと補修材というものが売っているんですね。

これで来冬も頑張ろう!
a0254759_0302351.jpg

[PR]



by k1ro_kanai | 2015-04-08 00:21 | Comments(0)

信州伊那谷ー山から社会を考えよう
by k1ro_kanai
プロフィールを見る
画像一覧

外部リンク

フォロー中のブログ

最新のコメント

最新の記事

鳩吹山、再挑戦
at 2017-08-28 22:40
お墓を守れ!
at 2016-04-28 22:14
大きなアカマツを伐採
at 2016-04-19 23:28
ヒノキの台座
at 2016-04-18 22:36
アカマツの注文材
at 2016-04-18 22:22

検索

カテゴリ

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://venus..
from http://venusso..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧