細々、山に生きる

<   2015年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧




鳩吹山から撤退

1ヶ月以上取り組んできた鳩吹山の整備作業。例年になく雨が多い11月で、伐採した丸太の運搬が思うように進みませんでした。また伐採地から作業道までの距離も長く搬出もなかなか進みません。

大型の重機を何台も借り、多くの人に応援に来てもらいましたがなかなか効率があがりません。

もうすぐ冬が来ます。  焦るほど怪我や事故のリスクが高まります。 このままでは赤字になる一方です。

悔しいですが「今年は諦めよう」 と決めました。  冬の間もう一度作業のシステムを再設計して雪が溶けてから再開したいと思います。

特に重要な検討事項は
・搬出する機械のスペックを上げる
・運搬の方法を考える

カラマツの美しき黄金はとっくに里まで降り、背後のアルプスは不気味な黒となり冬の白を待ちます。
自然は偉大だ。。
a0254759_23405321.jpg

[PR]



by k1ro_kanai | 2015-11-25 23:32 | Comments(0)

道づくり

これまで紹介している鳩吹山の整備。鳩吹山の奥はさらに標高が高くなり中央アルプスの主稜線へと高度が上がって行きます。  ここへ作業道をつくり、中央アルプスの登山道整備や奥地の山林整備に使えるようにしたいと話がありました。  標高1500m程。秋のこの時期、かなり冷え込みます。
a0254759_23362084.jpg

距離にして約3km。もともと簡単な登山道があったところを改修しながら作って行きます。

一番の難所は湧水が湧いていて斜面が崩れている沢渡りの部分です。湧水の横には大きなミズナラが登山道の上に今にも倒れ混みそうに立っています。
a0254759_2338769.jpg

このミズナラは伐採することにしました。岩盤を砕き、地盤が脆いところには現地調達のカラマツで井桁を組みながら施工を進めます。
a0254759_23381931.jpg

[PR]



by k1ro_kanai | 2015-11-20 23:27 | Comments(0)

中学生が林業を体験

私の母校の中学生が職場体験に来てくれました。1年生2人。挨拶も返事もしっかりできてキビキビと対応してくれます。若い子供が、学校の外で、仕事や社会について勉強する機会があることはすばらしいことだと思います。  積極的にこうした職場体験を受け入れたいと思っています。

今回は1日のみでしたが盛りだくさんのメニューでした。まずは林道の砂利敷き。そして片道2kmの登山道を燃料運び。そして間伐。
a0254759_23581135.jpg

a0254759_23583312.jpg

1つ1つの作業にどういう意味があるのか解説すると真剣に耳を傾けて聞いてくれました。どうしてこの職業を希望したか聞くと「木が好きだから」と答えてくれたのが嬉しかったです。好きなことにたくさん挑戦していってね。

また反対に、なぜ私がこの仕事をしているのかなど質問されました。自分自身の仕事への姿勢を問い直すこともできたよい1日でした。
a0254759_2359825.jpg

a0254759_23592780.jpg

[PR]



by k1ro_kanai | 2015-11-10 23:48 | Comments(0)

竹馬つくり

地域の竹馬つくりのイベントに講師として参加させて頂きました。
a0254759_2301045.jpg

開催地区の竹林整備で切った竹を使って竹馬つくり。縄と竹だけで作れます。親子連れでの参加者が多かったです。どの方も1時間ほどで完成。そして早速乗ってみていました。

今の子供たち、うまく乗れる子はほとんどいません。逆にお父さんお母さん世代が「久しぶりだー」と興奮しながら楽しんでいました。確かに自分も小さい頃こんなのばっかだったなと思い起こします。

あるものを使って自分で遊びを作り出す。  だったよな。

子供たちが「自主的に」身近な里山資源を使って日常を楽しんでもらえたらいいなと思います。
a0254759_2302713.jpg

[PR]



by k1ro_kanai | 2015-11-08 22:53 | Comments(0)

大変な搬出作業

伐採した木は枝を払って1本の丸太にします。それの木にワイヤーを引っ掛けて、重機のウインチ(ワイヤーを巻き込む装置)の動力で重機がある作業道まで引っ張り出します。

林業業界では「搬出」とか「出し」とか地味な作業です。ワイヤーを持ち上げるため体力を使います。丸太が滑り落ちて来るため大変危険です。機械を操作する人とワイヤーをかける人との意思疎通も緊密にしなくては行けません。
a0254759_23535765.jpg

今回の伐採地は作業道まで距離があります。踏み外せば転がり落ちそうな斜面をワイヤーを持って登ります。伐採した木の枝や、ヤブがあるため非常に歩きにくいです。(雪がないだけましです。)遠いところは100m近く登ります。ワイヤーだけで20kgくらいの重さです。さらに片手にチェーンソーも持っています。。
a0254759_23542665.jpg

搬出する丸太にワイヤーの先端をククリつけ、ウインチで巻き取ります。距離が遠いため無線を使って連絡します。この時が最も危険です。丸太が滑り出すと同時に他の丸太も滑り落ちることがあります。
a0254759_23544143.jpg

作業道まで搬出した丸太は一番需要のある長さに切り、トラックで市場へ運びます。危険な作業だけにこうして搬出した丸太が安く売れるのは非常に残念です。
[PR]



by k1ro_kanai | 2015-11-03 23:41 | Comments(0)

信州伊那谷ー山から社会を考えよう
by k1ro_kanai
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のコメント

最新の記事

鳩吹山、再挑戦
at 2017-08-28 22:40
お墓を守れ!
at 2016-04-28 22:14
大きなアカマツを伐採
at 2016-04-19 23:28
ヒノキの台座
at 2016-04-18 22:36
アカマツの注文材
at 2016-04-18 22:22

検索

カテゴリ

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://venus..
from http://venusso..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧